JR東のキハ40置き換えが加速、八戸線と新潟・秋田地区に新車

八戸線および新潟・秋田地区への車両新造計画について

八戸線と新潟・秋田地区への新車投入がプレスリリースされました。

(1)八戸地区

キハE130系(液体式気動車)を2両×6編成、1両×6編成の18両ということで、今八戸線に使用されているキハ40系列は32両(リゾートうみねこなどのジョイフルトレインは除く)ですので、全車置き換えではない模様です。この記事書いている時に気づいたんですが、大湊線でのキハ40代走運用って2014年に終わっていたんですね…。2017年8月以降落成とのことなので、もう間も無く登場ですね。

(2)新潟、秋田地区

エンジンで発電し、電車と同じ駆動システムで動く電気式気動車GV-E400系を2020年度までに63両投入するとのことです。

新津運輸区には38両(ジョイフルトレイン除く)、秋田車両センターには51両(ジョイフルトレイン除く)のキハ40系列がいるようなので、こちらも全数置き換えではなさそうです。

全数置き換えではないにせよ、運用範囲が変わったり等も予想されるのでキハ40は早めに取らないとダメなようですね。




1件の返信

  1. 2017年7月12日

    […] うち約半数の81両はキハE130/GV-E400で置き換えを発表済み […]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です