JR北海道でもキハ40が置き換えへ

 
キハ40形の老朽取り替え用としてH100形(愛称:DECMO)の導入を計画しており、その量産先行車の導入についてがプレスリリースされました。平成30年2月に完成予定で、走行試験を1年ほど実施するようです。車両のベースは、JR東のGV-E400系を元に、極寒対策などの仕様を追加したもののようです。
 
JR北海道でもキハ40形の取り替え計画が発表されたことになります。
 
 
各社の取り替え状況を確認してみましょう。
 会社 残存数 コメント
JR北海道 130両強が残存 2019年度以降、今回のH100形で置き換え。
JR東日本 160両程度が残存

うち約半数の81両はキハE130/GV-E400で置き換えを発表済み

JR東海 既に置き換え済  
JR西日本 250両程度が残存  
JR四国 20両強が残存  
JR九州 140両強が残存  老朽廃車は実施されていない?

こうなってくると、残り両数が既に少ないJR四国はともかく、JR九州やJR西日本がどうやって置き換えを実施していくのか、興味が絶えません。特に車体にあまり手を入れてなさそうなJR九州の一般車がどうなるかが気になりますね。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です