新型新幹線「ALFA-X」発表、東京〜札幌4時間を諦めてなかった?

次世代新幹線の実現に向けた試験車両の新造について

2030年の北海道新幹線全線開通に向けて新しい新幹線新型試験車両「ALFA-X」の製作についてのリリースが発表されました。このプレスリリースで360km/h営業運転の可能性に再度トライすることがわかりました。中国でもコストがかかるという理由で現在は350km/h運転はしていないそうなので、現行営業最高速度320km/hを破って、世界最高速度の営業運転ということになります。

皆さんは北海道経済連合会が2006年に出した「北海道新幹線札幌延伸に伴う効果と地域の課題」というリリースを覚えているでしょうか?

360km/h運転をすることで、3時間57分で運転できるよという内容になっています。東京〜札幌間が約4時間であれば、札幌側の空港アクセスがあまり良くないことや、冬には強風で飛行機のダイヤが乱れることを考慮すれば、十分新幹線も競争ができる位置にいることが予想されます。

(盛岡以北の260km/h制限と青函トンネルと東京〜宇都宮間の減速など課題が山積みのような気もしますが…)

新幹線が競争できるレベルになるだけで飛行機も対抗上安くせざる得ないので、飛行機しか乗らないという人も基本的には得するはずです。

2030年が楽しみですね。

 




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です