あなたの好きな北海道の現役特急列車人気投票【セカトレサーベイ結果】

2nd-trainでは「セカトレサーベイ」と題して、アンケートや人気投票をやってます。

今回は「あなたの好きな北海道の現役特急列車」ということで、北海道の現役特急列車で人気投票をやってみました。どの列車が1位になるのでしょうか?

結果

有効投票数:236票

応募期間:1月10日〜1月14日

実際のデータ:こちら



10位:「すずらん」4票

10位(最下位)は、札幌〜室蘭・東室蘭間を結ぶ「すずらん」が入りました。「北斗」の補完列車として、また室蘭本線の本線から外れている室蘭との直結列車として、現在は6往復が運転されています。

使用車両は785系あるいは789系1000番台で、区別なく運用されていることから当日までどちらが来るかはお楽しみになっています。

私もこの記事を書くまで知らなかったのですが、指定席が2020年のダイヤ改正より拡大されて2両になっており、「指定席=uシート」ではなくなっています。

元々は函館〜札幌間の客車急行として運行されていた「すずらん」がルーツのようです。

JR北海道 札幌運転所 785系 NE-502編成
特急すずらん撮影者:Nanohana

9位:「とかち」6票

9位は、札幌〜帯広間を結ぶ「とかち」が入りました。「おおぞら」の補完列車として、、現在は5往復が運転されています。

使用車両はキハ261系1000番台です。「スーパーとかち」として運行されていた時代はキハ283系も運転されていました。

元々は札幌〜帯広間の区間運行「おおぞら」が派出して登場しています。キハ183系の時代は2階建て車両が連結され「スーパーとかち」として走ったり、「とかち」色と呼ばれる車両もありました。

【JR北】キハ261系鋼体輸送の拡大写真
キハ261系の甲種輸送 撮影者:近江新人

【JR北】キハ261系鋼体輸送はこちらから

8位:「サロベツ」8票

8位は、旭川〜稚内間を結ぶ「サロベツ」が入りました。「宗谷」の補完列車として、、現在は2往復が運転されています。

使用車両はキハ261系1000番台です。以前はコンセント付きなどに改造されていたキハ183系が使用されていました。

2017年までは1往復が札幌発着で運行されていましたが、旭川発着に短縮され2往復となりました。現在はヘッドマークが宗谷と同じものになっていますが、サロベツ原野と利尻山にエゾカンゾウを描いていました。

JR北海道  キハ183系
撮影者:susukum

7位:「大雪」12票

7位は、旭川〜網走間を結ぶ「大雪」が入りました。「オホーツク」の補完列車として、現在は2往復が運転されています。

使用車両はキハ183系です。「大雪」の名前は急行列車として長く使用されており由緒ある名前ですが、1992年に一旦夜行オホーツク化され消滅していました。しかしながら、2017年のダイヤ改正で、札幌発着の特急「オホーツク」が旭川発着に短縮され2往復が新規設定されています。

JR北海道  キハ183系
特急大雪 撮影者:HIRO66

6位:「ライラック」18票

6位は、旭川〜札幌間を結ぶ「ライラック」が入りました。「カムイ」と合わせて旭川〜札幌間を結んでおり、グリーン車付いている789系0番台を使用している列車が「ライラック」となっています。

789系0番台は「スーパー白鳥」に使用されていましたが、北海道新幹線の開業に伴い転用され、785系「スーパーホワイトアロー」を置き換えました。なお「ライラック」は1980年から2007年にかけても、781系を使用して運行されていました。

なお、コメントでは「きみどりいろのデザインがマリオキャラクターにいる✨ヨッシーの色にそっくり」というコメントを頂いています。言われてみるとたしかに「ヨッシー」の色ですがその発想はありませんでした。

JR北海道  789系
特急ライラック 撮影者:HIRO66

5位:「カムイ」18票

5位は、旭川〜札幌間を結ぶ「カムイ」が入りました。「ライラック」と合わせて旭川〜札幌間を結んでおり、グリーン車付いていない789系1000番台を使用している列車が「カムイ」となっています。

以前旭川〜札幌間の急行「かむい」が運行されていましたがこちらはカタカナとなっており、2007年のダイヤ改正での789系導入に合わせて「スーパーカムイ」としてデビューしました。その後2017年に「スーパー」が外され「カムイ」となっています。

「ライラック」と「カムイ」の票数が同じということで見事に割れましたね。

JR北海道 札幌運転所 789系
カムイ 撮影者:ちゅーぶとれいん

4位:「宗谷」30票

4位は、札幌〜稚内間を結ぶ「宗谷」が入りました。キハ261系0番台が使用されていますが、運行環境が過酷で、故障による代走が冬季は頻発しています。

ルーツは1960年に運行開始した準急「宗谷」で、2000年のダイヤ改正でキハ261系が投入され「スーパー宗谷」が運行開始し、「スーパー」の名前が外され今の名前になっています。

「スーパー宗谷」時代は2往復でしたが、1往復が旭川発着に短縮され、「サロベツ」化されています。

最北端「稚内」へ足を伸ばすことと、札幌から5時間以上かかることもあり、最果ての特急的なイメージが強いですよね。

JR北海道 苗穂運転所 キハ261系 SE-104編成
宗谷 撮影者:特急ソニック0号

3位:「オホーツク」32票

3位は、札幌〜網走間を結ぶ「オホーツク」が入りました。永らくキハ183系のみが定期使用されています。

ルーツは1959年に運行開始した準急「オホーツク」で、1961年に急行格上げ後(名寄本線の急行で使用)、1972年に札幌〜網走間の特急として名前が使われるようになり現在の姿となっています。

「オホーツク」という名前は「オホーツク海」から取っていることもあり、ロシア語から取っている列車となっています。

以前は夜行列車としても運行されており、寝台客車も連結されていました。2015年ころまでは「ノースレインボーエクスプレス」を使用して、流氷シーズンには「流氷特急オホーツクの風」が運行されていました。

頂いたコメントは「JR北海道といえばキハ183系だと思ったので!やっぱりハイデッカーは気持ち良い〜!」ということで、現在はハイデッカーグリーン車が付いているのと、石北本線系統はキハ183系が定期運用されているのでこのようなコメントを頂いた形でしょうか。

常紋峠を登っていく姿とかカッコいいですよね。

JR北海道 苗穂運転所 キハ183系
100番台 白ボウズ 撮影者:Fw:

2位:「おおぞら」37票

2位は、札幌〜釧路間を結ぶ「おおぞら」が入りました。「おおぞら」が1961年のダイヤ改正で北海道初の特急列車として運行を開始した列車が由来で、当初は函館〜東室蘭経由〜旭川間で運行されていました。その後、釧路発着の車両の連結を開始し、分離し、石勝線開通による経路変更等を踏まえ、今の姿になっています。

使用車両はキハ283系及びキハ261系1000番台となっています。2020年のダイヤ改正までは「スーパーおおぞら」を名乗っていました。

2000年代前半くらいまでは所定6両ではあるものの、10両編成での運行は日常茶飯事で、最大11両編成でしたが、現在は6両編成が基本で、2021年のダイヤ改正では基本が5両になります。

釧路の衰退が響いてますね…2021年1月のニュースで帯広市が釧路市の人口を上回り、釧路市は道内6位の人口にまでランクダウンしています。日本製紙釧路工場の縮小も発表されており、今後が心配されます。

頂いたコメントは「昔からある列車です」「単純に名前が好きです。。。」となっています。ちなみに私は小さい頃は特急「スーパーあおぞら」だと思っていました。

JR北海道  キハ283系
撮影者:特急ソニック0号

1位:「北斗」71票

1位は、札幌〜函館間を結ぶ「北斗」が入りました。やはり東京からの新幹線「はやぶさ」で直ぐに会いに行けるから1位なのでしょうか…?

実際乗ってみると、北海道の特急で一番車窓が楽しいのは「北斗」だと思います。函館から乗ると、ぐんぐん山を登り、大沼を抜けて、北海道駒ケ岳がどーんと見え、その後は海岸線を走る、日本屈指の風光明媚な車窓になっています。

北海道新幹線開業以前は藤城支線経由だったので、ぐんぐんと山を登っていき函館の街が小さくなっていくのもとても興味深い車窓でした。

使用車両は、キハ261系及びキハ281系です。

「北斗」が1965年のダイヤ改正で函館〜旭川間を結ぶ列車として運行開始し、キハ281系の投入後「スーパー北斗」としても運行されていましたが、2020年のダイヤ改正で「スーパー」が外され全列車が「北斗」として運行されるようになっています。

頂いたコメントは「道内で1番都市間特急という感じがするから。」「JR北海道といえばキハ281系スーパー北斗!!」「函館バスや北海道バスの都市間高速に負けずにがんばれ!」「唯一乗った特急」「道内では比較的長い編成で運行されているので最も貫禄のある列車だと思います。」でした。

私は長時間バスに乗るのは苦手なので、函館〜札幌をバスで移動する人は尊敬します。。。

JR北海道  キハ281系
スーパー北斗 撮影者:HIRO66

まとめ

どうでしたか?1位が「北斗」ということで、極めて順当で番狂わせも無いランキングになったかと思いますが、また気軽に旅が出来る状態になったら北海道の列車色々乗りたいですね。

サーベイ履歴はこちらからチェック出来ます。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です