撮り鉄必須のレンズ、EF70-200の白レンズがリニューアル

撮り鉄の多くが持っているレンズといえば何色でしょうか?

やっぱり白色の望遠レンズ、よく見かけますよね?

そのレンズは白レンズと言われて、鉄道ファンは70mmから200mmをカバーするレンズがよく使われます。

今日はその70mmから200mmをカバーする2つの白レンズがリニューアルされる旨、発表されました。

プロ・ハイアマチュア向けの望遠ズームレンズ2機種を発売

(1)解放絞り値がF2.8のEF70-200mm F2.8L IS III USM

(2)解放絞り値がF4.0のEF70-200mm F4L IS II USM

この2つが発表されました。

2nd-trainでも「うまいなー」と思う人の機材を聞いてみると、EF70-200mm F2.8L ISだったりします。

私はEF70-200mm F4L ISを持っているのですが、海外旅行に行くにはどうしても機材は軽量化したいのですが、それなりの品質で撮りたいので、

そういう意味で非常に良いレンズです。

・EF70-200mm F2.8L IS III USMが向いている撮り鉄(重さ1480g)

→曇りだろうが撮ることが多いネタ鉄

→逆光だろうが撮ることが多いネタ鉄

→車移動が多い撮り鉄

このレンズのポイントは条件悪い中でもより良い写真を撮りたい場面が多いかどうかなんですよね…

・EF70-200mm F4L IS II USMが向いている撮り鉄(重さ780g)

→徒歩で撮影に行くことが多い撮り鉄

→晴れてる日にしか撮影に行かない撮り鉄

→海外など遠征が多くて荷物を軽くしたい撮り鉄

→LCCを使って出かける撮り鉄(荷物制限7kgなどをクリアしやすくなるので)

さてあなたはどちらでしょうか?

私はすでにEF70-200mm F4L IS USM(現行モデル)を持っているので、EF70-200mm F2.8L IS III USMを買いたいなと思っています。10年も使いましたしね。

みなさんもカメラ本体より長く使えるレンズに投資してみませんか?




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です