2018年3月ダイヤ改正8つのポイント

JRグループの2018年3月17日におけるダイヤ改正が発表されました。

この記事では8つのポイントに絞って説明します。

(0)プレスリリースはこちらから

JR北海道JR東日本JR西日本JR東海JR四国JR九州JR貨物

(1)スーパーあずさがE353系へ統一

12月23日より、「スーパーあずさ」へE353系の投入が始まりますが、今回のダイヤ改正でE353系へ統一されるようです。E351系の運用も全廃でしょうか…

E353系 撮影者:アニ鉄特急

E353系 撮影者:アニ鉄特急

(2)エアポート成田が快速「成田空港行き」に

エアポート成田という名称が廃止になり、快速「成田空港行き」になるようです。

エアポート成田 撮影者:アニ鉄特急

エアポート成田 撮影者:アニ鉄特急

(3)新潟駅で上越新幹線「とき」と特急「いなほ」が同一ホームで乗り換えに

新潟駅の高架化工事の進展に伴い、同じホームで乗り換えできるように2018年4月よりなるようです。

特急「いなほ」 撮影者:shinkyu

特急「いなほ」 撮影者:shinkyu

(4)阪和線、羽衣線が223・225系に

天王寺〜日根野間および羽衣線が223・225系に統一され、103系や205系は置き換えが完了するようです。

225系 撮影者:湘南日光

225系 撮影者:湘南日光

(5)三江線増発

3月31日に廃止になる三江線ですが、江津〜浜原間の列車と口羽〜三次間の列車を結ぶことで、江津〜三次間の直通列車が増発されます。(米子支社プレスリリースはこちらから)

キハ120 撮影者:Nanohana

キハ120 撮影者:Nanohana

(6)特急「あさぎり」を特急「ふじさん」に

新宿〜御殿場間を小田急経由で結んでいる「あさぎり」が「ふじさん 英語名 Mt.Fuji」に変更されるようです。

特急「あさぎり」 撮影者:shinkyu

特急「あさぎり」 撮影者:shinkyu

(7)「北斗」が全て「スーパー北斗」に

キハ183で運転されていた「北斗」がキハ261系に置き換えられ、「スーパー北斗」になり、「北斗」は全廃になります。キハ261系20両の増備で、キハ183系0番台14両が消滅?するようです。

特急「北斗」 撮影者:susukuma

(8)JR九州は減量ダイヤに

新幹線の運転本数が125本から119本に減り、特急列車が301本から277本に減り、普通列車も多数削減されるなど減量ダイヤとなっています。そのせいか、プレスリリースでも「ダイヤ改正」ではなく「ダイヤの見直し」となっています。

特筆すべきポイントは、「ドリームにちりん」の系譜を踏んだ早朝深夜帯「ソニック」の運転区間が中津〜大分間で削減されることと、特急「有明」が朝の1本のみとなるところでしょうか。

撮影者:Marvels




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です