Train-Directory検索機能改善と2nd-train撮影者クレジット表記埋め込み設定

2nd-train/Train-Directoryでは投稿者アンケートを受けて機能改善を図っています。

昨日付で3つの改善を入れています。

(1)2nd-train撮影者クレジット表記埋め込み設定の追加について

(2)Train-Directory撮影者クレジット表記埋め込み設定の追加について

(3)Train-Directory検索機能の改善

それでは一個一個解説します。

 

(1)2nd-train撮影者クレジット表記埋め込み設定の追加について

2nd-trainでは、撮影者表記を写真そのものではなく、htmlファイルの方で記載を行なっています。それは今後も変えません。しかしながら、写真ファイルだけを使って盗用されるのでは?とお思いの方もいらっしゃるかもしれません。(実際にはあまりそういう事例は無いようですが…)

今回、投稿時に設定することによって写真に撮影者名を埋め込む機能を作成しましたので、ご活用ください。

画面

画像投稿時に設定をすることで埋め込みます

なお、当面の間は660ピクセル以上での掲載済み画像のみの処理としています。文字の薄い濃い等のサンプルは、投稿フォームにある

「クレジット表記の写真内への埋め込みとは?」をご確認ください。

埋め込み例

なお、登録されているハンドルネーム(会員でない場合は投稿時のハンドルネーム)が自動埋め込みされます。

 

(2)Train-Directory撮影者クレジット表記埋め込み設定の追加について

Train-Directoryでも同様の機能を導入しました。こちらは設定を入れた上、投稿すると自動的に写真に書き込みがされ、公開されている画像に自動で埋め込まれます。ちなみに、Train-Directoryでは、Twitter連携設定を実施することで、Twitterへの同時投稿も可能です。

埋め込み例

埋め込み例

(3)Train-Directory検索機能の改善

Train-Directoryの検索機能については、今まで独自にプログラムを書いたものを使用していましたが、Googleカスタム検索を導入しています。ウェブ検索・イメージ検索どちらもできるようになっています。

検索画面

検索画面

今後もアンケートの結果等を踏まえ改善を進めて行きます。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です