ブルーラインの脱線復旧に貢献した国府津車両センターが社内表彰

国府津車両センター ファミリーフェアが10月26日に開催されました。

→開催内容に関する記事はこちらから

 

それはさておき、公開された国府津車両センターの中で少し異色な表彰状が見えるところに展示されていました。

表彰状

表彰状 撮影者:延藤勝実(えんどうかつみ)

 

2019年6月6日に 横取り装置の取り忘れにより、列車が乗り上げ脱線するという事故が横浜市営地下鉄ブルーラインの下飯田〜立場間で発生しましたが、その時に国府津車両センターが復旧に貢献したということで、JR東日本の社長名で社内表彰されているようです。

この点で一番驚いたことが「「6月19日」に早速表彰されていること」ですね。このようにすぐ表彰されるという仕組みはすごいなぁと思った次第です。

また、こういう他社への貢献をきちんと表彰するっていうところは良いですね。




1件の返信

  1. 吉田 より:

    ブルーラインの脱線復旧に 国府津車両センターが表彰?アホくっさ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です