trip.comでのオーバーブッキングトラブルに遭遇した時の話

私はよく海外旅行に行きます。ホテルの予約はネットのホテル予約サイトで行います。

私はBooking.comexpediaagodaを使います。

ちなみにここから予約すると予約した人にも2000円キャッシュバックされるキャンペーンが受けられる場合がありますよ。

ただたまーにtrip.comも使うのですが、こんなニュースが飛び込んできました。

【スクープ】”存在しない部屋”を販売する海外大手宿泊サイトのカラクリ 年末年始に「部屋なし」問題大量発生も懸念

そこで私がtrip.comにてオーバーブッキングのトラブルに遭遇した時の話を書きます。

予約したホテルは3つ星

予約したホテルは「Park Inn by Radisson Belfast」 (3つ星ホテル)でした。 

trip.comのバウチャーを持ってホテルにチェックインすると、18時台前半という決して遅い時間でもないにもかかわらず、trip.comのバウチャーを見せるや否やオーバーブッキングを告げられ、

「maldron Hotel」へ行くよう告げられました。追加料金は不要なのかと問い詰めたところ、エージェンシーが払うから問題ないと言われ、また、道を教えてもらいました。

まぁ運良くも徒歩2〜3分でしたが、ちょっと道は難しかったです。実際「ゴーストレイトオンザライト・・・」みたいな感じで言われ、センター試験では大丈夫でしたが、実際に英語で伝えてもらうのは難しいなと思った次第です。

結局iPhoneの画面を見せて、教えてもらうことで解決しました。

移動先のホテルで受付の人には「ハテ?」という顔

受付につくと、バウチャーを見せて、オーバーブッキングだと言われここに来たと言ったものの、受付の人の顔は「ハテ?何言ってるんだ」という顔。

困ったなぁと思いつつ長々と説明していて「trip.com」という名前を出すと理解したのか受付の人は裏へ…
結局チェックインできました。

部屋に行くと、4つ星ホテルなのか、部屋は以下のような感じでとても綺麗な部屋でした。

予約したのは朝食つきだったので、4つ星らしく、以下のような美味しい朝ごはんが食べられました。

チェックアウト時の一騒動

ここまでは良かったのですが、チェックアウト時に普通にチェックアウトして、途中で受付の人の顔が怪訝に。

「お金を払ってないから180ポンド(25000円以上)払え」といきなり言われ、あれこれ「オーバーブッキングで移動させられたこと」「あくまでエージェンシーが払うと説明されたこと」を説明したところ、受付の人がどこかへ確認し、OKと言ってもらえました。(なお、trip.comに払っていた3つ星ホテルの値段は8000円程度でした)

結論

結論から言うと、高級な4つ星ホテルに安く泊まれたのですが、地元の代理店が被ったから助かった???もののあれれという感じな結果になりました。

当時の段階でも「trip.com」は中国人観光客向けに大量に抑えている世界一の代理店だから余っている部屋を安く借りれるとか、オーバーブッキングはたまにあるけど、さらに良いホテルへ案内されるから大丈夫と言われてはいましたから、そんなもんかなーと思っていましたが、この記事を見るとなんだかなという感じです。

 

年末年始

年末年始にはJTBだけが極端に予約価格がやすい、日本人限定宿泊プランに香港で泊まるのですが、ちょっと不安になりますね。。。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です