E353系が12月23日にデビュー

2015年7月25日に甲種輸送されてからなかなかデビュー日が発表されなかったE353系のデビュー日が2017年12月23日と発表されました。

プレスリリースはこちらから

3両9両それぞれ3編成ずつ36両が運用に入り、4往復8本がE351系から置き換えられ運用に入るようです。量産先行車と異なり、車体間ダンパがなく、代わりに全車両に動揺防止制御装置が導入されるようです。

また、量産先行車は量産車と仕様を合わせる量産化改造がなされたのちに運用されるとのことです。

E353系試運転 撮影者:みやさい

E353系試運転 撮影者:みやさい




3件のフィードバック

  1. 快速急行副都心線 より:

    待望のデビューが来ましたね。
    増備の進捗状況では、中央線のライナー列車や千葉発着の「あずさ」にも導入されそうです。
    その一方で、臨時「あずさ」・「かいじ」の波動輸送用で残っている189系6両編成4本は、先行きが長くないかもしれません。

  2. 特急ソニック0号 より:

    ようやくですね。
    今年のダイ改から運転が始まると思ったら、それもなかったので、いったいいつデビューになるんだろうと思ってました。
    また、今後はE257も置き換えて、特急踊り子用に転属させるようですが、これはいつになるのか気になるところです。
    さすがに185も老朽化が進んでいると思われますし。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です