【JR東】東北本線130周年号がE653系を使用して上野〜青森間で運転発表

2021年9月11日から12日にかけて、勝田車両センター所属のE653系国鉄特急色編成を使用して、上野〜青森間の往復で「東北本線130周年号」が運転されます。

IGRいわて銀河鉄道や青い森鉄道も直通で青森まで運転されるところが特筆されます。

1891年(明治24年)9月に青森まで全線開通したことに合わせた企画で、E751系スーパーはつかりがリバイバル運転で復活と記念するポイントは一緒です。

プレスリリースはこちらから

運行ダイヤ

9月11日 上野8:02→青森20:15

途中停車駅 大宮、宇都宮、黒磯郡山、岩沼仙台一ノ関盛岡、八戸、野辺地

9月12日 青森8:20→上野20:30

途中停車駅 八戸、盛岡、一ノ関、仙台福島郡山矢吹、宇都宮大宮

その他

乗車記念のホーロープレートがもらえるプランもあります

車内では、昔のヘッドマークの公開や、車内アナウンスの体験などプランによって楽しめます。

結び

E653系とはいえ、運転区間・停車駅も特急「はつかり」を彷彿させるようなとなっている他、仙台以北でE653系国鉄特急色が走るのは特に珍しいものになります。無事運転されると嬉しいですね。

E653系K70編成の写真はこちらから

撮影者:やまぶき




1件の返信

  1. Алина より:

    All cars in the original E653-0 series sets were standard class with 2+2 seating and 910 mm (36 in) seat pitch. The Green (first class) cars in E653-1000 series sets have 2+1 seating, arranged with pairs of seats on the seaward side and single seats on the landward side.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です