【JR九】キハ200形、キハ220形大村線ラストランへ

2021年3月11日をもって、大村線などの長崎地区においてキハ200形、キハ220形がラストランを迎えることが発表されました。

プレスリリースはこちらから

3月11日の長崎駅22時4分発の早岐行きでは、行き先表示を「ありがとう」にして運行し、見送り客にはオリジナルポストカードが配布されます。佐世保車両センターには現在12両キハ200形・キハ220形が配属されていますが、大分車両センター、熊本車両センター、鹿児島車両センターへ転属し活躍することとなるようです。

これは、YC1系の増備が進むことによるもので、大分車両センター、熊本車両センター、鹿児島車両センターへ転属し、キハ40系列が淘汰されることが予想されます。

また、シーサイドライナー色は佐世保車両センター所属車のみであるため、消滅も予想されます。(短期的にはそのままの色で走ることも考えられます)

キハ200 シーサイドライナー 撮影者:MARINEさん




1件の返信

  1. しっと団員 より:

    昨年12月の、ダイヤ見直し発表では指宿枕崎線では2両増えるとあったけど、他路線では特に言及がまだないです。
    この機会に指宿枕崎線のキハ200はロングシートで統一もあり得そうです。(転換クロス編成は他地域に転属)

    人吉駅にキハ220(もと「なのはなDX」指定席)が取り残されているようですが、床下機器が浸水したとかのようで、
    このまま廃車になるかもしれません
    (真ん中のドアを埋めているなど、1両だけの異端なので。ただし、キハ220-1100番台自体が2両しかない)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です