秩父鉄道直通の石炭列車廃止に。さよなら5764レ、5783レ。

2020年1月14日に、秩父鉄道は熊谷貨物ターミナル〜三ケ尻間を結ぶ石炭輸送列車が3月に廃止になる旨発表しました。

プレスリリースはこちらから

秩父鉄道の貨物列車の多くは「石灰」を輸送する列車なので、秩父鉄道から貨物列車がなくなったりということはないですし、経営が劇的に変わるような影響はないとは思います。

熊谷貨物ターミナル〜三ケ尻間を結ぶ石炭輸送列車というのは実際には、鶴見線の扇町から熊谷貨物ターミナルの間を走っている5764レ、5783レですので、そちらが廃止になるということになり、被写体がまた1つという観点で鉄道ファンの間でも話題になっているものと思います。

また、この列車は釧路の太平洋石炭販売輸送臨港線が廃止になったこともあり、日本最後の石炭輸送列車となっていました。

新鶴見機関区 EF65-2068 牽引の5783レ

5783レ

撮影者:かすあま@ 詳細はこちら

 

新鶴見機関区 EF65 -2139 牽引の5783レ

5783レ

撮影者:かすあま@  詳細はこちら




1件の返信

  1. あみんご より:

    悲しいです

あみんご へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です