「あしかがフラワーパーク」駅開業

2018年4月1日、両毛線足利~富田間に「あしかがフラワーパーク」駅が開業しました。 両毛線内では前橋大島駅以来19年ぶり、栃木県内のJR線では宇都宮線の自治医大駅以来35年ぶりの新駅開業です。(私鉄含めた栃木県内の駅では、東武鬼怒川線の東武ワールドスクウェア駅以来約8か月ぶりです) なお、駅開業に伴い高崎車両センター所属の211系A52編成には記念HMが取り付けられています。

また「あしかがフラワーパーク」駅は、開業から当面の間は、隣駅の富田駅と同額の運賃・料金となります。このため、あしかがフラワーパーク駅と富田駅の間ではSuicaなどのICカード乗車券は使用できない点も特筆されます。

駅舎の様子

駅舎の様子 撮影者:ぶらり

足利市イメージキャラクター「たかうじ君」も開業のお祝いに駆け付けた(?)ようです

足利市イメージキャラクター「たかうじ君」も開業のお祝いに駆け付けた(?)ようです 撮影者:ぶらり

駅名標

駅名標 撮影者:ぶらり

足利・桐生方面からホームへ進入する211系

足利・桐生方面からホームへ進入する211系 撮影者:ぶらり

あしかがフラワーパーク駅に隣接する足利フラワーパークでは満開の桜となった横を通過する211系

あしかがフラワーパーク駅に隣接する足利フラワーパークでは満開の桜となった横を通過する211系 撮影者:ぶらり

 

今回が2回目となりますが、走行写真中心のフォトトピでは扱いにくいニュースの投稿を頂きましたので、ブログでの掲載を行いました。

 




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です