投票による2017年鉄道10大ニュース 前編

2017年もそろそろ終わりですね。ということで、投票による2017年鉄道10大ニュースを発表したいと思います。

10位:【JR東】107系引退

10位には107系が引退した件がランクイン。107系は1988年から29年にわたって北関東で活躍していましたが、最後まで残っていた高崎車両センター所属分も211系に置き換えられ引退となりました。

撮影者:フィムブルの冬

撮影者:フィムブルの冬

【JR東】ありがとう107系の旅≪両毛線コース≫運転

【JR東】ありがとう107系の旅≪信越本線コース≫運転

【JR東】ありがとう107系の旅≪吾妻線・上越線コース≫運転

9位:【西鉄】8000形引退

1989年にデビューした西鉄8000形は西鉄天神・大牟田線の看板特急として大牟田〜天神間を結んでいましたが、ついに引退となりました。

左に写っている3000形が特急の看板車両となった。 撮影者:Nanohana

【西鉄】さよなら8000形ラストランツアー

【西鉄】8000形定期営業運用終了

 

8位:【JR東】E353系営業運転開始

E353系があずさ・スーパーあずさの置きかえ用に投入される新型特急車両で、12月23日にE351系の置き換えとしてまずは営業運転開始をしました。

撮影者:ネクスト@FUKKU

7位:【京阪】プレミアムカー始動

2017年8月20日より京阪プレミアムカーが営業運転を開始しました。有料座席車両は鉄道会社にとって増収につながるのか今年も続々増えており、来年には京王や西武拝島線でも増えるようです。

撮影者:てつを

【京阪】プレミアムカーデビュー

 

6位:【小田急】新型ロマンスカー70000形「GSE」登場

60000形MSE以来となる新型ロマンスカー70000形が登場した件が6位にランクイン。来年のデビューが楽しみですね。

撮影者:shinkyu

【小田急】70000形甲種輸送

続きは…

5位以降については別途また記事を作成します。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です