平成5年デビューの西武9000系が廃車開始

西武鉄道の横瀬車両基地一般公開(西武トレインフェスティバル2017 in横瀬)のプレスリリースが発表されましたが、その中の一文に気になる文章が…

「今年度より廃車になる9000系 廃車車両側面への寄せ書きコーナー」

プレスリリースはこちらから

普通鋼製の電車とはいえ、VVVF化もされている9000系、そして平成5年から21世紀直前の1999年(平成11年)まで製造されていた車両ということで、だいぶ短めな活躍になってしまうようですね。

VVVF化されたとはいえ、101系の流用品が他にもあるのでしょうか…2000系より短命というのが意外です。

西武9000系の写真はこちらから

 

9001F

9101F 撮影者:西高運転区

9108F

9108F 撮影者:湘南日光

9103F

9103F 撮影者:湘南日光

9106F

9106F 撮影者:エリーチカ

 




4件のフィードバック

  1. 特急ソニック0号 より:

    まだまだ安泰だと思ってたのでびっくりです。
    意外と老朽化が進んでいるのでしょうね。
    9000はカラーバリエーションがいろいろあって、今度は何色が登場するかという期待もあったんですが。
    京王7000も、新5000と玉突きに廃車が出る噂がありますし、VVVFも廃車がどんどん出てくる時代になったなと思います。

  2. アジアコーヒ より:

    たぶんVVVFの下回りを流用するからじゃないかな?6000系の車両機器更新速度が遅いからね

  3. 快速急行副都心線 より:

    こんにちは。9000系廃車開始は驚きました。

    10両固定ながら地下鉄線直通可能な6000系や40000系、8両で各停に使えたり2両を連結した10両運転などの汎用性が高い2000系より、効率性が良くないのが災いになったのでしょうか。

    6000系の機器更新ですが、現在03・04・06・10・11・13・14・56~58の10本が完了していて、しばらく運用していない17が機器更新中とみます。先行車の01と02にも行うのか気になります。

  4. ホロウィツィック より:

    9000系は、支線用の新101系と4000系、NRAの10000系を除くと、今や本線系統用車両では少数派の電磁直通ブレーキ車ですね。
    ブレーキ系統がまさに「101系の流用品が(制御器やモーターなどの)他にもある」箇所だと思います。
    9000系を淘汰することで本線系統の通勤車を電気指令式ブレーキ車に統一したい、と言う思惑があるのかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です