107系が9月に営業運転終了へ

 
107系が9月を持って運用終了することが発表されました。高崎支社管内を走るとついてますが、既に小山電車区からは撤退済みであるため、107系自体の運用が終了することになります。
8月2日から「ありがとうシール」の取り付けや、10月にさよなら運転も実施されるようです。1988年のデビューから29年ですが、ついに引退となる模様です。
 
 
107系

107系 撮影者:susukuma




4件のフィードバック

  1. 番長 より:

    走り始めたのは昭和63年? 115系よりも短いじゃん

  2. 番長 より:

    29年ですか
    でも 日光線で走っていた119は27年でしょ?
    115系なんか40年は走ってるよ

    • ちゅーぶとれいん より:

      115系よりも短いです。しかし走行機器はいかにも115系たちよりも古い、165系の走行機器なので老朽化が115系より早まったんでしょう。
      また日光線で走っていたのは119系ではなく、107系です。

      119系は飯田線用の急勾配・カーブの連続、2連・1連運行を可能にするために作られた車両です。

  3. 極道 より:

    109系の足回りは165系の廃車発生品の流用ということを知らないのかね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です