香港国際空港新ラウンジ「THE DECK(ザ・デッキ)」訪問レポート

※鉄道ネタはありません。

先日所用にてシンガポールに行ってきました。その際に「キャセイパシフィック航空」と「キャセイドラゴン航空」を使用したのですが、香港国際空港にて3月下旬にオープンした新しいラウンジ「The DECK」に行ってきましたのでレポートします。

THE DECK

まずは入り口。キャセイパシフィックの新ロゴが光ります。

 

場所

場所は香港国際空港の15番ゲート付近となっています。昔香港ドラゴン航空ラウンジがあった場所らしいです。

THE DECK場所

搭乗券ケースに描かれたマップ。まだ新しくできたラウンジのため反映されていない。青丸付近が設置場所

くつろぐスペース

ソファ等が設置されていてゆっくりくつろげます。

 

ヌードルバー

ヌードルバーでは、「坦々麺」「ワンタン麺」や点心等が楽しめます。いわゆるオーダー式メニューとなっています。

ヌードルバーの様子

キャセイパシフィックラウンジといえば坦々麺

ダイニングエリア

もちろんダイニングエリアでは、食事類も楽しめます。複数種類があり、十分お腹を満たせるだけのビュッフェになっています。なお、バーカウンター等はないようですので、「キャセイディライト」はもちろん、ジュース以外のものを飲みたいようであれば他のキャセイパシフィックラウンジを使うことをお勧めします。

   

デッキエリア

「THE DECK」という名前にあるようにデッキになっているエリアがあり、外の様子も楽しめます。明るい時間なら飛行機も眺められるでしょう。18番ゲートや17番ゲートの様子はとても良く見ることができます。

ここを使うには?

このラウンジを使うには以下の条件が必要です。

・ワンワールド各社(キャセイパシフィック、JAL、カンタス航空など)で香港出発(乗り換え含む)の搭乗券を持っており、ワンワールドサファイヤあるいはエメラルドあるいはマルコポールクラブシルバーの会員資格を持っていること

・ワンワールド各社(キャセイパシフィック、JAL、カンタス航空など)でビジネスクラス以上の搭乗券を持っていること。

そのうち、ワンワールドサファイヤ資格をどうやって取るかについても記事を書こうと思います。

私の晩御飯




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です